学校の社会学――フランスの教育制度と社会的不平等

  • 明石書店 (2020年5月14日発売)
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
5

フランスの教育制度とその変遷の歴史がわかりやすくまとまっている。フランスにおいて教育制度の改変の動機とは、何を目的としてその変更を行なったのか。本の表題にあるように、それは社会的不平等の再生産を食い止めるためだ。それがひいては教育をうける者と彼らを後に労働力として受け入れる社会の益となる。

そう考えると、昨今日本で行われている入試改革などは誰のために、何を獲得することを目指しているのか。。。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年6月21日
読了日 : 2020年6月21日
本棚登録日 : 2020年6月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする