新装版 海と毒薬 (講談社文庫)

3.86
  • (39)
  • (50)
  • (49)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 508
レビュー : 52
著者 :
meyumeyuさん 小説   読み終わった 

生体解剖事件に係わった医師たちを中心に、日本人と罪悪感を描いた不朽の名作……
なのだけれども、事件とは関係のない部分での、一般人の罪悪感描写が実はスゴい。

「だってみんなやってるもーん」のひと言で殺人も虐待も行う自覚なき一般人。
自分がされたことは覚えていて、自分がしたことは忘却もしくは正当化する。

事件の影を負う勝呂や、罪悪の在処を求める戸田より、むしろ、この一般人の無意識と無自覚が恐ろしかった。
ひょっとしたら、私も、あなたも、そんな一般人の一人なのかも……

レビュー投稿日
2014年6月13日
読了日
2014年6月10日
本棚登録日
2014年6月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 海と毒薬 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 海と毒薬 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする