鵼の絵師 (9) (Nemuki+コミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2020年12月18日発売)
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 2
4

出征し亡くなった人の遺作に服を描き足すという依頼から。

なんで裸婦像にしたのか…
最後だから、なのか。

やっと幸子の思い出が語られ始めた今巻。
英二郎が幸子を忘れられないという設定になんとなく違和感があったのだけど、昔の幸子の様子を知ってスランプを抜けたのならやっぱり幸子がキーだったのかな。
幸子が好きだった様子が感じられないからかなぁ。

向日葵畑の絵の人は何がしたいんだろう。
兄が同性愛者だったことは元々知ってたことだし、憎まれることはしてないのでは。
でも頼んでないのにそういう絵にしたからよろしくは思ってないのか。
ならあの絵は飾らなくないか?
続きが気になるなぁ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 猪川朱美
感想投稿日 : 2021年7月13日
読了日 : 2021年7月13日
本棚登録日 : 2021年7月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする