羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

3.68
  • (1124)
  • (1402)
  • (2412)
  • (137)
  • (20)
本棚登録 : 12508
レビュー : 738
著者 :
mgsaekiさん 村上春樹   読み終わった 

ある日僕が手がけた広告が差し止めされ、その被害を帳消しにする代わりに、その広告に使われた写真に写っているある羊を探すよう脅迫され、しぶしぶながらも出かける話。

もっと漠然と訳の分からない理由で無理矢理羊探しに行かされてたような気がしてたし、もっと早い段階で羊男がチラチラと出てきてた気がしていたが上巻には出てこなかった。。

なかなか物語に集中出来なくて時間がかかってしまったけれど、鼠からの手紙辺りから一気に読めました。

なんとなくイメージ出来る比喩と、全然分かんない比喩とがあるけれど、やはり独特の文章で面白いです。
僕の投げやり感がよく分かる、比喩が多い割にはさっぱりした文章という印象でした。

続けて下巻に進みます。

レビュー投稿日
2014年3月30日
読了日
2014年3月30日
本棚登録日
2013年2月15日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする