ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編

4.08
  • (41)
  • (47)
  • (24)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 313
レビュー : 19
著者 :
mh1989さん  未設定  読み終わった 

異世界のバリエーション豊富な美女に好意を持って囲まれた、見た目は優男でありながら、いざという時には無類の有能さを発揮するオタクが主人公という、オタクが泣いて喜びそうなシチュエーション異世界ファンタジーの第3弾。パターン化しつつあるが、そもそも話にならない程の軍事力の違いを持った戦争物は全く面白くなく、主人公の活躍や、本筋とは別に、元自衛隊の作家らしく、さしはさまれるエピソードやフレーズのほうが面白い。偏見を持っていると称している日本のマスコミに対する自分の偏見(確かにそういう部分があるのは、その通りだが、それがすべてではないとは描かないのが偏見)が述べられていたり、中国人や韓国人に対する偏見が伺える。まあ、そんなところは読み飛ばしていただいて結構だが、若いオタク読者に対する変なインプットにならなきゃよいと思うのは、心配しすぎか。今回は、自衛隊側にも負傷者が発生することと、ゲリラ戦という常とう手段が登場したので、次回は、もう少し戦いらしい戦いになるか?結局、日本も諸外国も手ひどく、特地からは退散するという結末が望ましい。

レビュー投稿日
2011年8月24日
読了日
2011年8月24日
本棚登録日
2011年3月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈...』のレビューをもっとみる

『ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈3〉動乱編』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする