水辺のゆりかご (角川文庫)

3.21
  • (12)
  • (26)
  • (115)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 323
レビュー : 42
著者 :
mi-keyさん 柳美里   読み終わった 

あるひとは〈自伝〉だといい、あるひとは〈小説〉だといい、〈エッセイ〉だというひともいるかもしれない。(中略)私はいおう、これは言葉の堆積である、言葉の土砂であると――。作者はこの作品についてあとがきでこう記している。いずれにしても作家柳美里のルーツが分かる一冊。
この作家はかなり壮絶な人生を送ってきているらしいとあらかじめ聞いていたが、正直、読んでみてそんなに壮絶かなぁと思ってしまった。確かに在日韓国人の家庭に生まれたことや、学校でのいじめ、自殺未遂などは波瀾の人生と呼ぶにふさわしいかもしれない。しかし、決してそれが彼女のウリというわけではないと思う。その悲惨な人生をしたたかに見つめ文章にしてしまうところが、作家としての彼女の価値なのではないかと思うのです。

レビュー投稿日
2012年9月23日
読了日
2001年2月25日
本棚登録日
2012年5月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水辺のゆりかご (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『水辺のゆりかご (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする