十四番目の月 (文春文庫)

3.12
  • (1)
  • (8)
  • (18)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 16
著者 :
mi-keyさん 海月ルイ   読み終わった 

平凡な家庭を襲った不可解な幼女誘拐事件。
警察と母親を欺き振り回し身代金を手に入れた犯人は、数日後幼女を解放した…。
娘をさらわれた母親樹奈の苦悩が主題にくるのかと思いきや、物語はピアノ奏者の奈津子の視点で展開していく。
主な登場人物に女性が多いのはなぜか、一貫して樹奈の愚かさに触れられるのはなぜか…。
すべてが明らかになるラストではっとさせられる。

レビュー投稿日
2019年5月2日
読了日
2019年5月2日
本棚登録日
2012年3月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『十四番目の月 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『十四番目の月 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする