朝が来る (文春文庫)

3.82
  • (47)
  • (111)
  • (66)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1071
レビュー : 93
著者 :
mi-keyさん その他の作家(小説)   読み終わった 

一人息子を育てる幸せな日々。
幼稚園で起きた小さな事件も、我が子を信じ、自らの子育てを信じ、乗り切った。
ところがそんな佐都子のもとに思いがけない電話がかかってくる‥。
特別養子縁組の悲喜交々を描いた小説、かと思いきや、物語は視点を変えて思わぬ展開を見せる。
ちょっとした選択の誤りが連なることで人は見事に転落していく。その様をリアルに描いている。
解説ではそこに読者が感情移入していく、と述べていたが、私はまったく共感できなかった。
自己弁護の連続に、むしろ拒絶する思いが大きくなっていった。
感情移入できたなら、ラストにはもっと温かな気持ちになれただろうと思うと残念。

レビュー投稿日
2019年4月6日
読了日
2019年4月6日
本棚登録日
2019年4月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『朝が来る (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『朝が来る (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする