蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

4.33
  • (227)
  • (169)
  • (55)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 2390
レビュー : 146
著者 :
mi-keyさん その他の作家(小説)   読み終わった 

作者自身が「面白いのかな?こんな音楽と演奏だけが延々と続くだけの話」と語ったという本書。
実は私もメディアでこの本が紹介されたときに、そう思ってしまった。
世界的にも注目されるピアノコンクール。その一次予選から本選までを描いた作品と聞き、演奏を文章で表現する?どうやって?しかもこのボリューム…。正直手に取る日が来るとは思わなかった。
ところがいざ読み始めると止まらなくなってしまった。コンテスタントたちの個性、来し方、コンテストの舞台裏、そして何より演奏シーンの疾走感の虜になった。
演奏を映像化することで物語世界が幾層にも広がっている。

レビュー投稿日
2019年5月26日
読了日
2019年5月25日
本棚登録日
2019年5月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする