ギフトライフ

著者 :
  • 新潮社 (2023年3月1日発売)
3.12
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 131
感想 : 7
3

近未来の日本が舞台。
個人情報や行動は全てタンマツで管理され、信用がポイントになり給料のポイントにも反映される。
出生率に貢献するほどポイントが付与されるが、障碍者は不適性者としてポイントが引かれる対象になる。
働けなくなった者の安楽死や重度不適性者が国に生体贈与(ギフトライフ)すれば、家族にポイントが付与されるって、そんな世界。


あり得て欲しくはないけど完全なフィクションとも言えないから余計に後味が悪い。
私も"同意"しない"逸脱者"としてしか居られないだろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 近未来小説
感想投稿日 : 2024年5月28日
読了日 : 2024年5月28日
本棚登録日 : 2024年5月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする