カルヴィーノ アメリカ講義――新たな千年紀のための六つのメモ (岩波文庫)

3.71
  • (6)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 161
レビュー : 11
制作 : 米川 良夫  和田 忠彦 
micahさん Pensée, Philosophie   読み終わった 

カルヴィーノから未来へ向けられた、文学についての6つの提言。
その中でも注目すべきは「軽さ」。
あゝ、なんともカルヴィーノ的!
他の文学者、学者なら同じことを言うだろうか。

純文学でございと重々しく後代にのしかかっていては、文学は途絶えてしまうだろう。
文◯春◯や☓原☓太郎氏に、利権を死守するべく選挙に立候補する方々にぜひ手向けるたい言葉である。

レビュー投稿日
2012年12月10日
読了日
2012年12月10日
本棚登録日
2012年12月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カルヴィーノ アメリカ講義――新たな千年...』のレビューをもっとみる

『カルヴィーノ アメリカ講義――新たな千年紀のための六つのメモ (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする