完訳 怪談 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房 (1994年6月1日発売)
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
2

怪談に関しては、もうすでにお馴染のお話が分かりやすい言葉で語られていて、なんとも懐かしい「日本むかし話」を聞いているかのような趣でしたが伝聞を記したものであるからか、あまり深いところまでは響かず。英文で読んだ方がいいのかも?
後半の「蟲」に関するエッセイの方が面白かった。
特に「蟻」。今や雄が滅び雌だけで生殖できるかもしれない、という時代を先取りしたような内容であった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ホラー
感想投稿日 : 2011年2月13日
読了日 : 2009年9月15日
本棚登録日 : 2010年7月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする