淫女と豪傑 - 武田泰淳中国小説集 (中公文庫)

3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
著者 :
マイケルさん 歴史   読み終わった 

武田泰淳という作家の名前は知っていたが、初めて読む。伝奇小説とも言うべき短編集である。とにかく面白い。中国の昔の話が多のいのかと思いきや、戦争中の話も多い。思ったほど豪傑や淫女は出てこなかったが、何となく怪しげなお話ばかりで、わくわくした。

レビュー投稿日
2013年2月10日
読了日
2013年2月10日
本棚登録日
2013年2月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『淫女と豪傑 - 武田泰淳中国小説集 (中...』のレビューをもっとみる

『淫女と豪傑 - 武田泰淳中国小説集 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする