巷説百物語 (角川文庫)

3.78
  • (584)
  • (547)
  • (961)
  • (38)
  • (4)
本棚登録 : 4311
レビュー : 425
著者 :
制作 : FISCO 
工藤恭悟さん ホラー   読み終わった 

どうしようもないことを丸く収めるのに妖怪を生み出す仕掛けにただただ飲み込まれていく作品。 登場人物もみな魅力的でページを繰る手が止まらない。 京極夏彦作の別シリーズにもつながる話なので、それに気がついたら倍面白く読めるシリーズです。 又市さんが唯一自分の弱みを見せる帷子辻の台詞は、シリーズを最後まで読んで、再読したらもっと重く心に響く台詞になるんだろうなと思う。 何度も読んで、何度も又市たちに魅了させられたい。

レビュー投稿日
2017年1月30日
読了日
2014年12月31日
本棚登録日
2017年1月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『巷説百物語 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『巷説百物語 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

再読情報 [1回]

  • 2017年10月9日

    再読しました。

ツイートする