トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!

3.62
  • (98)
  • (104)
  • (190)
  • (25)
  • (6)
本棚登録 : 1265
レビュー : 130
制作 : Tom Peters  仁平 和夫 
microworldさん  未設定  未設定

・自分を表現するだけでなく、自分を創造する
・悪いことを考えるのをやめる。それに勝る時間の無駄は無い
・自分のスローガンを考えてみる
・ホワイトカラーは、ブランドになるかお払い箱になるかしかない
・自分が今やっていることはブランド化に繋がることか。毎日問う。
・世の中は大忙しで大混雑。だからこそ的を絞らないといけない。
・自分のブランド価値を問う。人に話す練習する。
 一体どういう人間か、商品は何か、何がスペシャルなのか、類似商品と何が違うか、
 その信頼性はどう表現すればいいのか、自分が先進的なのをどう伝えればいいのか、
 自分がカッコイイことをどう伝えればいいのか
・自分のリニューアルを常に意識
・「毎日かならずすごいことをやれ それが出来ない日はすごいことが出来るよう死力を尽くせ」
・「求めよ、されば与えられん」
・誰でも多少とも変えられるものがある。まずは自分の手の届くところから変える
・許可を求めるのは「だめだ」と言われているのと同じ
・待っていれば事態は悪くなるばかり、戦いを起こせ
・モデルやコンセプトを持て。自分の考えをいつでも話せるように。
・「つまんない」仕事でもいかにすごいプロジェクトにするか
・力は自分で奪い取るもの。年齢は関係ない。
・「どうすればエクセレントになれるかは、エクセレントでないことをやめればいい」
・一点集中
・気持ちが暗くなったら勝てない。自分で自分を元気付ける。
 誰でもある陰・悩み、重荷をどうコントロールするか。
 希望と才能と元気をどう引き出すか。
 落ち込んだときに自尊心を取り戻すこと以上に緊急重要なプロジェクトはない
・先進的企業が研究開発を怠らないように、個人でも研究開発を考える。
 即ち、個人のリニューアルを意識する。
・最新情報は現場にある。現場に走れ。
・で、「あなた」の商品は?雇われ根性を持つな。
 生活の糧を得るというのは自分を売ること。プロなら売るのは恥ずかしいことではない。
 売らなければ、生きていけない。
 大手コンサルティング会社のシニアパートナーは、中古車セールスマンに負けず劣らず
 「売り込み」に夢中になっている。ブランド人=営業マン。

レビュー投稿日
2009年9月15日
本棚登録日
2009年9月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦...』のレビューをもっとみる

『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

トム・ピーターズの作品一覧

トム・ピーターズの作品ランキング・新刊情報

ツイートする