昭和天皇物語(1) (ビッグコミックス)

3.83
  • (4)
  • (11)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 13
midnightwakeupperさん  未設定  読み終わった 

伊藤博文が起草した憲法の「主権者=君主といえども憲法の制約を受ける」規定で始まる。旅順攻略で三人の息子を皆喪った乃木希典に明治帝は「百千の子を授けよう」と学習院院長の務めを与えた。夫婦で殉死は嫌なエピソード。/以降は半藤『昭和史』に沿った叙述。陛下は常に憲法にのっとり行動された。大正12年関東大震災で、大正デモクラシーは崩壊し共産主義者は弾圧された反発に〈階級闘争〉理論で社会不安を煽り、スターリンは32年テーゼで『天皇制廃止』を指令した。病弱な大正帝の摂政として御前会議に参加…/暗殺で独立を画る狂った朝鮮人…

レビュー投稿日
2020年1月12日
読了日
2019年12月2日
本棚登録日
2019年12月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昭和天皇物語(1) (ビッグコミックス)』のレビューをもっとみる

『昭和天皇物語(1) (ビッグコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする