球体の蛇 (角川文庫)

3.32
  • (48)
  • (159)
  • (264)
  • (61)
  • (11)
本棚登録 : 1561
レビュー : 174
著者 :
mie580512さん  未設定  読み終わった 

2013.03.15読了。
今年13冊目。

著者の本は「向日葵の咲かない夏」から二冊目。
向日葵〜が私は苦手な感じで...(私的にエグい暗い未来ない、かつよくわからん感じ)
それから他の本を手に取ることすらなかったのだけど、これも友達から借りて。

暗い、エグいは今回もかも。
登場人物たちの暗い過去の事件や、
それぞれが抱えている気持ち、ついてしまった嘘で暗い気持ちになりつつも、真実とその後の展開が気になり気付いたら一気に読み切り(笑)

今回のキーワードは嘘。
誰かがついた嘘で誰かが傷付き...
巡り巡ってこんなにたくさんの人が傷付き、傷付け合ってしまうのだと思うと、嘘はつきたくないなと´д` ;

ナオの嘘みたいに優しい嘘もあるのかもしれないけど、やっぱりできるだけ正直でいたいな。
また真実を知る、追求することだけが幸せなわけじゃないとも思った。
特に最後。
どんなことがあっても大切なのは今なんだよなーと。

そして最後解放された感じがほっとした。

レビュー投稿日
2013年3月15日
読了日
2013年3月15日
本棚登録日
2013年3月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『球体の蛇 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『球体の蛇 (角川文庫)』のレビューへのコメント

ash1001kbcさん (2013年3月15日)

道尾さんは「光媒の蝶」なんかは良いですね

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする