絵本ジョン・レノンセンス

  • 晶文社 (2013年11月9日発売)
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 3
3

1975年の初版を読了。

吉田篤弘『木挽町月光夜咄』で「ジョン・レノンが書いた限りなくできそこないに近いショートショート集」と書かれているのが気になり、手に取った。
(同著者の『金曜日の本』にもこの本が登場する)

ページを閉じて鏡を見ると、顔のパーツがぽろっと取れた。イメージが崩壊していくイメージの崩壊、のイメージ。

著者あとがきより
「この本よりもレコードのほうがおかしいと思う人もいるかもしれませんが」

え?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年7月10日
読了日 : 2021年7月10日
本棚登録日 : 2021年7月2日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする