トクヴィルの憂鬱: フランス・ロマン主義と〈世代〉の誕生

著者 :
  • 白水社 (2011年12月23日発売)
4.09
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 4
3

第一部が大変面白く、このテーマでこんなにグイグイ読めるとは…!またタイムリーにもこれと前後して映画レミゼラブルを観に行ったので時代背景のイメージも少ししやすかったり。第二部以降、とくに汎神論のへんは知識不足で消化不良…わからなかった。次はバルザック読んで補完したい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年1月1日
読了日 : 2013年1月1日
本棚登録日 : 2012年11月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする