最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

2.85
  • (7)
  • (33)
  • (118)
  • (73)
  • (5)
本棚登録 : 805
レビュー : 81
ちゃいろいさん 平板なかんじ   読み終わった 

『最後の恋』をテーマにした女性作家によるアンソロジー、第2弾だ。
名だたる作家が名を連ね、それぞれの「最後の恋」を描いている。
人間ではないものを主役に据えた物語もあれば、失われたものにしがみつく物語も、ほんの一瞬の逢瀬に胸をあたためる物語もある。
いろいろな作風が楽しめ、どの短編もさらりと読める手軽さでいい。

レビュー投稿日
2012年3月23日
読了日
2012年3月23日
本棚登録日
2012年3月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最...』のレビューをもっとみる

『最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする