最後の授業――心をみる人たちへ

3.79
  • (9)
  • (18)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 182
レビュー : 25
著者 :
mihako1228さん 教養   読み終わった 

『あの素晴らしい愛をもう一度』の作詞者であり、精神分析家である北山修の、九州大学においての最後の授業を文章化したもの。北山氏がメディア出演をしなくなった経緯も多少は書かれているものの、心の表と裏、心と言葉の作用、セルフモニタリング→セルフリフレクションによる自己イメージの取り入れ等について書かれている。心を言葉にすることによるカタルシス効果について書かれているなど、ストレスと戦う人間にとっては何かのはけ口になるかもしれない…。

レビュー投稿日
2011年9月2日
読了日
-
本棚登録日
2011年9月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の授業――心をみる人たちへ』のレビューをもっとみる

『最後の授業――心をみる人たちへ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする