美丘 (角川文庫)

3.65
  • (440)
  • (625)
  • (616)
  • (192)
  • (35)
本棚登録 : 5488
レビュー : 632
著者 :
miholantaさん ものがたり   読み終わった 

美丘はまさに吉高由里子のイメージで、読みながら動きが見える感じだった。
でも最初から振り返り振り返りの語り口が面倒くさい…。
石田衣良ってもっと上手じゃなかったか。

この病気、ストーリーとか関係ないところで、今は認知症とか、自分がなくなっていくというシチュエーションを考えたとき、自分のできることがどんどん少なくなっていったら、一体何が残るんだろう、何が自分を形成しているんだろうwhat makes me ‘me’?を考えてしまった。

太一、でっかく生きろよ!

レビュー投稿日
2018年12月28日
読了日
2018年12月27日
本棚登録日
2018年12月28日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『美丘 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『美丘 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする