【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

3.74
  • (75)
  • (182)
  • (122)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1288
レビュー : 180
著者 :
mikahayashiさん 歴史   読み終わった 

明智光秀が織田信長を討った本能寺の変。

信長の厳しい仕打ちに耐え兼ねて
光秀は四国攻めへの移動中に、“敵は本能寺にあり”と急遽行き先を変えた。
京都にいた家康は、命からがら三河に帰り着いた。
豊臣秀吉は急遽毛利との和睦を結び、すぐさま兵を返して光秀を討ち、信長の仇をとった。

これらの定説とされている事柄が、果たして真実なのだろうか?
明智光秀の末裔が新たに見つかった史料をもとに、本能寺の変の真実に迫る!

信長の思惑
光秀の思惑
家康の思惑
秀吉の思惑
それぞれの思惑が絡み合う事によって本能寺の変が起き、秀吉の元に天下が転がり込んだ。
「こっちの方が真実に近いのかも…」

いつかはここに書かれていることが“定説”になるのかもしれない。

レビュー投稿日
2019年2月23日
読了日
2016年4月11日
本棚登録日
2019年2月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 ...』のレビューをもっとみる

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)』にmikahayashiさんがつけたタグ

明智憲三郎の作品一覧

明智憲三郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする