行きたくない (角川文庫)

3.72
  • (3)
  • (13)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 189
レビュー : 16
miraさん 小説   読み終わった 

普段は好きな作家さんの本しか基本的には読みません。しかし、たまたまふらりと立ち寄った本屋さんで惹かれたので購入。同じ職業の女の人の話が出てきたことが決め手となりました。

若手と言うんですか、ベテランではないフレッシュな文章を読むのはとても新鮮でした。これだけの人が書いていると、やはり合う文章も合わない文章もあり。楽しく読ませていただきました。

私は小嶋陽太郎さんの「シャイセ」という短編が好きでした。読み心地もよかったし、何より内容が面白かった。シャイセって、なんの呪文?現実離れした話なのかしら、と思っていたのは見事に裏切られ。最後は胸が温かくなり、同時になぜかとてもスカッとしました。

どの物語も書き下ろしで、様々な「行きたくない」をテーマに書かれています。毎日に当たりまえにありそうなことが丁寧に描写されていることで、活字の面白さを思い出しました。

レビュー投稿日
2019年7月28日
読了日
2019年7月28日
本棚登録日
2019年7月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『行きたくない (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『行きたくない (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『行きたくない (角川文庫)』にmiraさんがつけたタグ

ツイートする