吉祥の誘惑 採薬使佐平次 (単行本)

著者 :
  • 角川書店 (2013年11月27日発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 3
4

採薬使佐平次シリーズ、3作目。

前作では採薬使というより単なる隠密モノという雰囲気で終わってしまっていたが、今回は阿芙蓉など薬草関連の話が織り込まれ、本来の採薬使としての佐平次の能力が発揮された、シリーズらしい作品になっていたと思う。現代の麻薬犯罪に通ずるようなストーリーで、その分、馴染み深いためか読み易かったかも。おまさちゃんと省吾さんのエピソードも上手く組み込まれていて、二人の今後の関係性も気になってくる。シリーズ作品としては今回が一番。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 著者名(な~は行)
感想投稿日 : 2014年11月6日
読了日 : 2014年11月6日
本棚登録日 : 2014年10月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする