魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)

3.83
  • (41)
  • (70)
  • (71)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 721
レビュー : 61
著者 :
比良岡美紀さん 小説(ファンタジー)   読み終わった 

コリコの町になくてはならない存在となったキキ。そんなキキの前に、ケケという少女が現れます。彼女はあっという間に人気者となり、キキはとても複雑な思いを抱く…その葛藤がとてもよく描かれていて、キキと一緒にイライラしたり焦ったり、彼女は何を考えているのだろうと思ったりして、感情移入しながら読みました。魔女だけど人間と大して違わないキキの、成長痛のようなものがひしひしと感じられます。

レビュー投稿日
2014年4月2日
読了日
2014年3月17日
本棚登録日
2014年3月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女...』のレビューをもっとみる

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『魔女の宅急便 3キキともうひとりの魔女 (角川文庫)』に比良岡美紀さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする