猫は神さまの贈り物<小説編>

  • 有楽出版社 (2014年4月29日発売)
2.95
  • (0)
  • (5)
  • (13)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 145
感想 : 14
4

小松左京の「猫の首」が一番面白かったけど、猫好きにはちょっと・・・な内容だったりと。何かと猫好き感を欠いた猫アンソロジーでした。けれど梅崎春生からの流れが素晴らしかったので☆4。
普通に猫好きのほんわか感を味わいたい方はエッセイ編をおすすめします。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: アンソロジー
感想投稿日 : 2014年8月8日
読了日 : 2014年8月8日
本棚登録日 : 2014年8月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする