教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾ (小学館101新書)

3.40
  • (6)
  • (14)
  • (24)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 22
三上 直樹さん  未設定  読み終わった 

2007年のリーマンショック前に行われた尾木ママと森永卓郎さんの対論。題名には教育格差とありますが、それ以上に小泉政権が打ち出した構造改革による新自由主義経済政策を徹底的に批判する内容。
それから10年、さらに格差が広がった現代日本を、改めて二人に論じてほしいです。

レビュー投稿日
2017年12月6日
読了日
2017年12月6日
本棚登録日
2017年12月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾...』のレビューをもっとみる

『教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾ (小学館101新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

森永卓郎の作品一覧

森永卓郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする