グランド・フィナーレ (講談社文庫)

2.90
  • (10)
  • (40)
  • (145)
  • (39)
  • (23)
本棚登録 : 698
レビュー : 85
著者 :
み~こさん 日本 その他小説   読み終わった 

ストーリーは、ロリコン趣味のある父親が娘に固執し、奥さんに離婚され、実家に帰る。って言う話。
文の言い回しとか直接的じゃなくって曲折的であまり好きじゃないのよね。
たとえば、クリスマスって言うのを「聖なる夜」とか言っちゃうとこ、芥川賞的だよね~。
でも読んでて悪い本ではなかったけど、すっごい良い本でもない。
何が結局のとこ言いたかったのかちょっと理解できなかったな~。尻切れトンボみたいな結末も好きじゃない。

併録されてるとは、『馬小屋の乙女』『新宿ヨドバシカメラ』『20世紀』。
『馬小屋~』と『新宿~』はね~、イマイチ。ちょっとシモネタ系の短編。
読み終わった後「ん~~。オッケーーー。(単調に言う)」って言いたくなるほど、あ。っそうなの。
って感じの小説。
『20世紀』はね、著者が小説の舞台にもなった神町(じんまち)の取材に訪れたときの紀行エッセイ。
こっちの方が面白かったよ。

レビュー投稿日
2012年11月27日
読了日
2009年11月2日
本棚登録日
2012年11月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『グランド・フィナーレ (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『グランド・フィナーレ (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする