朧月市役所妖怪課 河童コロッケ (角川文庫)

3.29
  • (7)
  • (26)
  • (57)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 398
レビュー : 34
著者 :
みゆき2525さん 小説   読み終わった 

なかなか面白かった。妖怪たちが、憎めないのがよい。
妖怪も、クロニであろうと、そんな大した悪さもせず、むしろ人助けすることもある。それは、妖怪と向き合う人がどんな人なのかによっていて、それは普通の人付き合いとそう変わらないんだなぁと思った。主人公に協力する間取歪がそう。
妖怪のほうが、因果応報…うんぬんよりもっと即物的ではあるけど、やっぱり優しくしてもらったら、恩は返すのだ。構ってくれたら、それだけで嬉しいのだ。
寂しがりやの妖怪だからこそ、そんな気持ちが大きいのかもしれない。
妖怪は私たちのいう所の絶滅危惧種に近い扱いを受けていて、だからこそ、退治は禁止されている。たとえ、人にとっては災いとなったりしかねないものでも、それもまた自然の一部なのだから、と保存しようとする試みは好感が持てた。
それと同時に、いかにも市役所、というような、一辺倒な対応が描かれるシーンでは、こちらも非常に悲しい気持ちになる。
でも、呪戸主任の言う通りで、平等は二つ存在している。
持ち込まれた相談事には、誰にでも「平等に」親身に最後まで面倒を見るか、どの案件も素早く処理して「平等に」待たせないようにする。
どちらも大切なことで、しばしば市政では問題とされることだ。妖怪という、突拍子もないモノを対象としても、その実この小説は現代日本の市政にメスを入れている。
これからも、主人公はここで反妖怪派と戦わなくてはならない。滅殺あるのみ、と妖怪を全否定する殺妖怪者(?)たちだ。続編も読んでみたいと思う。

レビュー投稿日
2014年6月12日
読了日
2014年6月12日
本棚登録日
2014年5月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『朧月市役所妖怪課 河童コロッケ (角川...』のレビューをもっとみる

『朧月市役所妖怪課 河童コロッケ (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする