陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

3.87
  • (3399)
  • (4176)
  • (4082)
  • (316)
  • (76)
本棚登録 : 28762
レビュー : 2833
著者 :
milletyさん 小説   読み終わった 

テンポのいいストーリー展開と軽快な会話がとても読みやすいエンタメ作品でした。

突き抜けた個性を有する4人のキャラの中でも、私は、相手の裏をかく知的な頭脳派であり、かつ、相手の嘘を完璧に見抜く嘘発見器の成瀬さん推し。

でも響野の「ロマンはどこだ」って言うセリフもかっこいいし、銀行強盗中の演説もおもしろくて、良い味出してる。

最初に出てくる偽警察官やフラッシュレスカメラ、中からドアが開けられないロシアの車・グルーシェニカーは絶対どこかで活躍するはず!とそれらの登場を待ちわびるわくわく感も楽しめました。

あと、章ごとの単語解説に、えええ!?っていう意外な内容が含まれていて伊坂さんのサービス精神ににやにやしてしまいました。

レビュー投稿日
2018年9月8日
読了日
2018年9月8日
本棚登録日
2018年9月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫...』のレビューをもっとみる

『陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)』にmilletyさんがつけたタグ

ツイートする