朝が来る

3.88
  • (258)
  • (544)
  • (305)
  • (39)
  • (3)
  • 本棚登録 :2999
  • レビュー :492
著者 : 辻村深月
Sayakaさん  未設定  読み終わった 

特別養子縁組を扱った小説です。
子どもを産むことができなかった中年夫婦、
子どもを育てることのできない中学生の母。

ある日中年夫婦の家に「子どもを返してください」と。
途中で章が変わって、その後がわからないものだから…
殺人事件にでも発展してしまったのかと、地獄絵図も想像してしまいました。
実はそうではなく、その中年夫婦は、とてもおおらかなのでしたが…

幼い母になってしまった女の子、その親、周りの大人。
途中読み進めるのが辛い気持ちになりながらも
一気読みに近かったです。

ラストは…
警察から、かなり事情を聞いた上で探していたのだろうから
ひっくるめて受け止めた上での「広島のおかあちゃん」なんだろうな。
尻切れトンボっぽい終わり方ですが、
朝が来て、諸々うまいこといくのでしょうか。

レビュー投稿日
2016年2月18日
読了日
2016年2月9日
本棚登録日
2016年2月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『朝が来る』のレビューをもっとみる

『朝が来る』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする