キケン (新潮文庫)

4.03
  • (696)
  • (897)
  • (444)
  • (70)
  • (13)
本棚登録 : 7050
レビュー : 657
著者 :
miminobuさん  未設定  読み終わった 

さすがは有川浩作品。やってくれましたねぇ。これ、小説の新しいカタチですよねぇ?!

初めは、面白おかしい青春マンガの雰囲気で読んでいましたが、全てがラストへとつながる壮大な伏線だったとは・・・。

「彼」は誰?ってなって、途中でだいたい目星がつくんだけど。最終回のアレには、胸がキュンと締め付けられて、何故かとっても懐かしいような切ないような、温かい気持ちになりました。

「どうやら老いも若きもすべての男子は自分の【機研】を持っています」(あとがき)。全くその通りです!有川さん!!男じゃないのに、どうしてこんなに男子の気持ちが分かるんだろう・・・。この人はとんでもない化け物です(誉め言葉です、悪しからず)。

「自分にとっての『らぁめんキケン』。次に久しぶりに食べるのはいつになるのかなぁ」と胸を膨らませながら、本を閉じました。

三十路には心に染みる一冊です。

レビュー投稿日
2013年7月19日
読了日
2013年7月19日
本棚登録日
2013年7月19日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『キケン (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『キケン (新潮文庫)』のレビューへのコメント

円軌道の外さん (2013年7月21日)


フォローありがとうございます!

自分も機械科で工業高卒なので
この作品はかなり引き込まれました(^O^)

ラーメン対決は手に汗握ったし
一回生たちの成長ぶりもまぶしかったし、
ラストのあのシーンは
反則ですよね(笑)


コメントや花丸頂ければ
必ずお返しに参ります。

今後ともよろしくお願いします(^_^)v


コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする