世界文学全集〈第8〉エミリ・ブロンテ (1960年)嵐が丘

4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
制作 : 阿部知二 
mimmさん 海外文学   読み終わった 

20年振りくらいに再読のはずなんだけど、以前読んだ時とは印象が変わりました。どろどろしたサスペンスちょいホラー?んーなんか違う?寧ろキャサリンとヒースクリフがくっついてバカップル振りが見たかったよね!とか思ってしまったライト脳ですごめんなさい。つか時代とはいえ、ものすごいDVの嵐だわ…。

レビュー投稿日
2013年3月25日
読了日
2013年2月24日
本棚登録日
2013年3月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界文学全集〈第8〉エミリ・ブロンテ (...』のレビューをもっとみる

『世界文学全集〈第8〉エミリ・ブロンテ (1960年)嵐が丘』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『世界文学全集〈第8〉エミリ・ブロンテ (1960年)嵐が丘』にmimmさんがつけたタグ

ツイートする