どろろ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)

3.61
  • (73)
  • (83)
  • (200)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 756
レビュー : 67
著者 :
mimorenkoさん コミック   読み終わった 

大学生の時に読みました。48(だっけ?)の引き裂かれた体を、魔人より取り戻すという設定が面白い。手塚作品ならではの人間とはなにかを考えさせられる深さもいい。だけど、解説にもあったように、最後のほうは尻切れトンボに
終わった感(連載が急遽終了することになったのか?)があった。
「どろろ」のゲームもやったなあ。

レビュー投稿日
2009年10月25日
読了日
2009年10月25日
本棚登録日
2009年10月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『どろろ (1) (秋田文庫―The be...』のレビューをもっとみる

『どろろ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『どろろ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)』にmimorenkoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする