こちらあみ子

4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
著者 :
ミモザさん 長編小説   読み終わった 

表題作は知的に遅れがあると思われるあみ子の幼少期が描かれる。
好きなものに一途で微笑ましく思える一方、父と再婚した義母が死産した場面でのあみ子の行動は"本心からのプレゼント"なだけにやるせない。あみ子の様な子の行動や言動は一般的に"悪気はない""理解できないから仕方ない"で済ませがちな気がするが、読み進めるほどに周囲の徒労や諦念がのしかかる。苦しい。
「こちらあみ子」と問いかけるあみ子に切なさを感じるも、あみ子自身はきっとそのまま生きていく。

「ピクニック」は虚言癖のある同僚との境界が徐々に壊れゆく過程の描写がいい。
踏み込む範囲のバランスが崩れると、良心の中に潜む悪意が顔を出すものなのかもしれない。残った者達は後味の悪さを感じても、それを都合良く解釈して忘れていくのだろう。

レビュー投稿日
2016年10月3日
読了日
-
本棚登録日
2016年10月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『こちらあみ子』のレビューをもっとみる

『こちらあみ子』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする