下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)

3.34
  • (16)
  • (22)
  • (74)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 371
レビュー : 47
著者 :
minako2009さん  未設定  読み終わった 

下山事件についての新事実や結論を期待していたわけではありませんが非常に残念な一冊でした。

著者の森さんは「他殺」の観点から書いているのですが、終始ごたごたしており事件について向き合って動いているように思えませんでした。
ずーーーっと言い訳。そして結局、宙ぶらりんのまま終わり。

本の中で指摘している他の下山事件本の著者本についてとの差異は読んでいないので何とも言えません。
でもブログなどのSNSよりも修正しにくい「本」という媒体で批判めいたことを書いていてよいのでしょうか?

下山事件自体の情報も雑誌や文献などの引用ばかり。
当事者やそれに近い人のインタビューはほとんど少ないです。がっかり。
事実か思い違いかは別にしてもこの本を書いた意味がわからないほどオリジナリティがない。
このことに気づいてから読むのが苦痛でした。意地で読んだけど。

レビュー投稿日
2018年10月31日
読了日
2018年10月31日
本棚登録日
2014年9月19日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫...』のレビューをもっとみる

『下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『下山事件(シモヤマ・ケース) (新潮文庫)』にminako2009さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする