君の膵臓をたべたい

3.86
  • (896)
  • (1069)
  • (720)
  • (182)
  • (73)
本棚登録 : 8470
レビュー : 1261
著者 :
アキラさん 小説   読み終わった 

好きな世界観です。
「君の膵臓を食べたい」という言葉の意味するところが、非常に素敵でした。
自分とは正反対の存在にたいする憧れ、とても共感できる。

「言葉は往々にして、発信した方ではなく、受信した方の感受性に意味の全てはゆだねられている。」
この一説がお気に入りだ。

レビュー投稿日
2017年5月7日
読了日
2017年5月7日
本棚登録日
2017年5月7日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『君の膵臓をたべたい』のレビューをもっとみる

『君の膵臓をたべたい』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『君の膵臓をたべたい』にアキラさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする