少年舞妓・千代菊がゆく! 花見小路におこしやす (少年舞妓・千代菊がゆく! シリーズ) (コバルト文庫)

著者 :
  • 集英社 (2002年7月26日発売)
3.65
  • (13)
  • (14)
  • (35)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 131
感想 : 20
3

京都が賑わう祇園祭の日に人気舞妓が失踪したため、置屋の息子・美希也(中二)が代役を務めることになった。
お座敷でアメリカ人の男に迫られ逃げ出した美希也をかくまってくれたのは、巨大企業の総帥、楡崎。
一日限りの代理のはずが、翌日も嵐山にある別荘に招待される。
そこで酔ってしまった千代菊を楡崎は・・・

って感じでしょうか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2012年5月24日
読了日 : 2012年5月24日
本棚登録日 : 2012年5月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする