慟哭の家

3.42
  • (2)
  • (24)
  • (30)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 27
著者 :
みんちゅさん た行   未設定

愛していたから2人を殺したという押川であるが、愛情が表現されている箇所などどこにも見当たらず、逆に妻とダウン症の息子に対する絶望感やイライラが表立ってしまい、嫌な奴だなとしか思えなかった。
病弱でありながら、ひとリで息子の世話をし、心の中の闇を誰にも相談できずにいた由香里が気の毒で仕方がない。
理想と現実のズレを、ただ、幼少期の虐待を理由に受け入れられないでいるのは、甘えがあるとしか思えないのだが、もっと他に違う選択はできなかったのだろうか。

レビュー投稿日
2013年4月3日
本棚登録日
2013年4月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『慟哭の家』のレビューをもっとみる

『慟哭の家』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする