こうすれば必ず人は動く(文庫)

4.00
  • (7)
  • (11)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 7
制作 : 田中 孝顕 
minusionさん ビジネス書   読み終わった 

様々な事例をもとに人を動かす方法を紹介していた。

いろんなノウハウが紹介されていたが、総じて言いたいことは
相手に思うように行動してほしいなら相手のことを理解して、尊重することが必要だということ。
人は、認められたいという願望やプライドが存在しており、自分の間違いを指摘されると自分自身を否定された気になってしまうものだと。
'心から'相手に興味を持って接し、相手の考えや感情に配慮することで、自分の考えを受け入れてもらえる体制を相手にとってもらえるようになる。
自分の意見ばかりに固執せず、相手の声に耳を傾けて話を聞く姿勢が大切であると。

言うのは簡単であるが、形だけでなくこの「心から」というのが本当に難しく、しかし重要なのことなのだと感じた。

また、紹介されていたほとんどの事例では、上記のようにできれば人を動かすのは難しくないという印象をうけたが、登場人物は皆賢い人ばかりで、まわりくどく言えば通じない人もいるし、理解のいい人ばかりでもないと思う。
だから実際には上記通りやってもうまくいかないことも多いだろう。多種多様の価値観がある中で、そもそも相手を思い通りに動かそうとすること自体が間違っているのかもしれない。

レビュー投稿日
2017年1月10日
読了日
2017年1月10日
本棚登録日
2017年1月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『こうすれば必ず人は動く(文庫)』のレビューをもっとみる

『こうすれば必ず人は動く(文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする