モモちゃんとアカネちゃん (講談社文庫)

4.31
  • (42)
  • (28)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 295
レビュー : 39
著者 :
みおんさん 小説   読み終わった 

子供の頃に読んだハードカバーは、「ちいさいモモちゃん」「モモちゃんとプー」、そして3冊目が「モモちゃんとアカネちゃん」でした。

だけど文庫になって、ハードカバー2冊分が1冊におさめられ、「モモちゃんとアカネちゃん」「ちいさいアカネちゃん」と続けて読むと、とても子供向きに書かれた本とは思えなくなりました。

私の(勝手に思い込んでいるだけであっても)お友達であるはずの、モモちゃんのお話なのに。

子供の頃、私が怖いと思ったのは、ママのところへ現れる死神ではなく、くつしか帰ってこないパパでした。家庭を顧みないパパなんだと思っていたのに、ママとモモちゃんとアカネちゃんが引っ越した後、置き忘れられたアカネちゃんのまりを見てたたずむパパの姿がさみしく思えて、混乱しました。

文庫版には、ハードカバーにある挿絵は一切ありません。なのに、ページをめくると、この場面にはこんな挿絵、ここでのママはこんな顔をしていた、とひとつひとつが蘇ることに驚くと同時に、なんだかとても懐かしい、あたたかい気持ちになりました。

もう何年も何年も、ずいぶん長いことモモちゃんには会っていませんでしたが、やっぱり彼女は今でも私の中に、あの頃のままで住んでいるのだと思いました。素敵な本に巡りあえたのだと、その幸運な出会いに感謝するばかりです。

だから、本をよむのはやめられない。

レビュー投稿日
2012年8月26日
読了日
2012年8月26日
本棚登録日
2012年8月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『モモちゃんとアカネちゃん (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『モモちゃんとアカネちゃん (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする