チベットのモーツァルト (講談社学術文庫)

3.36
  • (13)
  • (23)
  • (57)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 337
レビュー : 26
著者 :
Pさん 哲学・思想   読み終わった 

私たちが考える「意識」よりずっと高次元にある、深遠で微妙な「意識」。その状態に自分を持って行くことができれば、日常の「現実」とは全く異なる高次の「現実」を体験することになるという(いわゆるトランス状態)。

イスラーム神秘主義やヒンドゥー教の本、あるいは心理学の本などを読んでいると、しばしばこのような境地について語られるのに出くわす。そういう神秘的な心の状態について、とても興味はあるものの、やはり自分とは遠い世界の話のように思ってきた。

しかし、自らチベットで修行をした経験のある中沢氏の描くそれは、圧倒的な臨場感と迫力に満ちていて、説得力がある。とはいえ、私の想像力をはるかに超えたもので、そういう意識の状態にある時どんな感じがするのか、見当もつかないけれど。

本書で中沢氏は、神秘的な高次の意識や、それを通して見る現実のありようを、哲学の言葉で語ることを試みている。本書を読んで、私にとって想像することがむずかしい境地について、考えてみるための指針のようなものが与えられたような気がする。

レビュー投稿日
2017年10月5日
読了日
2017年10月5日
本棚登録日
2014年11月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『チベットのモーツァルト (講談社学術文庫...』のレビューをもっとみる

『チベットのモーツァルト (講談社学術文庫)』にPさんがつけたタグ

ツイートする