火のくつと風のサンダル (子どもの文学―青い海シリーズ)

3.80
  • (12)
  • (6)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 13
Miraさん 児童書   読み終わった 

こういうお話だったんだ!
タイトルはずーっと昔から目にしていたけどなぜか読んだことがなくて、ギリシア神話あたりを下敷きにした昔話系の物語だと思っていた。
父親といっしょに冒険(旅)に出る話ってめずらしいかも? くれよんしんちゃんの映画ぐらいしか思いつかない(笑)。
とってもすてきなお父さんで、本当の意味の賢さってこういうことだよなあとしみじみ思う。チムも子どもらしく反発したりふくれっ面になったりしながらも、旅の相棒としてひと月りっぱに過ごすのだから、ひとことでまとめれば「成長してる」ということになるのだろうけど、このお話は、かんたんにまとめられない細部によさがあるよなあとしみじみ思った。

レビュー投稿日
2019年11月3日
読了日
2019年11月3日
本棚登録日
2019年11月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『火のくつと風のサンダル (子どもの文学―...』のレビューをもっとみる

『火のくつと風のサンダル (子どもの文学―青い海シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする