風の影 上 (集英社文庫)

3.82
  • (156)
  • (187)
  • (189)
  • (19)
  • (10)
本棚登録 : 1297
レビュー : 194
制作 : 木村 裕美 
miraさん ミステリー   読み終わった 

バルセロナに住む少年が1冊の本を通して、その本の過去を探求しながら精神的に成長していくお話。

タイトルに惹かれて読んでみたが、展開がとても気になって、かなり一気に読んでしまった感じ。

バルセロナの街の描写も細かく書かれていたり、所々で紹介される文学の本なども読みたくなったりして、楽しめた。バルセロナ、行ってみたくなる。

登場人物が一人一人個性をしっかり持っているので、とっても多く出てくる割に、あまり迷わないのも、しっかりと人物描写してあるからかな。描写の仕方がうまいので飽きがこなく、しっかり人物像を頭に描けて、あまり迷わなくてすむ。

「忘れられた本の墓場」と言う図書館の設定もミステリアスで面白い。

レビュー投稿日
2016年1月5日
読了日
2016年1月5日
本棚登録日
2016年1月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『風の影 上 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『風の影 上 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『風の影 上 (集英社文庫)』にmiraさんがつけたタグ

ツイートする