支那の狸汁

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
著者 :
ミロミさん  未設定  読み終わった 

千年生きた古狸と御神木、そして国一番の大学者との三つ巴の物語。ユーモラスなドタバタ喜劇と思いきや、終わりまで読んでから再び読み返すとまた全く違う味わいに。生き生きと弾む文章が愉快な物語だった。

レビュー投稿日
2017年4月18日
読了日
2017年4月17日
本棚登録日
2017年4月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『支那の狸汁』のレビューをもっとみる

ツイートする