『あっち側の彼女、こっち側の私』性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2020年10月20日発売)
4.13
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 4
2

結生、ゆうきと読むのは珍しいと思って、それだけで手に取った本。
あっちとこっちに、線を作らない、自分で自分を諦めない、分からないことを分からないと言って学ぶ姿勢は素晴らしい。

この著者は、周りの人に恵まれたから、ここまで来れたのだろう。
可能なら、この人にしかできないことで、同じ境遇にいる人を、気にしてあげて欲しい。
救う、などおこがましいことではなく、彼女が、綾子さんにしてもらったような関係を保てる人になるとか。

みんないろいろな人生がありますね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年2月21日
読了日 : 2021年2月21日
本棚登録日 : 2021年2月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする