伝説の「どりこの」 一本の飲み物が日本人を熱狂させた

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年11月12日発売)
3.70
  • (3)
  • (12)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 13
4

著者が取材先の田園調布の街角で出会った「どりこの坂」の標識。
そのネーミングから興味を持って取材を始めたのが昭和初期に大々的に売り出され、現在80代の人ならば必ず知っているであろうという滋養飲料「どりこの」
この「どりこの」とは何かを巡って販売元の大日本雄弁会講談社と野間清治社長、そして開発者の高橋孝太郎博士と取材をしたルポルタージュ。

「どりこの」の周辺を探りながら草創期の講談社と戦前という時代を見ることが出来る。

それにしても講談社の仕掛けた宣伝攻勢はすごい。
博士の手によって「どりこの」関連の資料は全て処分され、今「どりこの」を飲む事は叶わないのひたすら残念。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2012年4月18日
読了日 : 2012年4月18日
本棚登録日 : 2012年4月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする