天球駆けるスプートニク 未到の空往く運送屋、ネジの外れた銀髪衛精 (Novel 0)

著者 :
  • KADOKAWA (2016年11月15日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
5

SF。戦闘機アクション。
個人的イメージでは神林長平『戦闘妖精・雪風』のライトノベル版。
著者の作品は『ノノノ・ワールドエンド』があまり好きではなかったため、期待していなかったが、とても良かった。
衛精の存在、チェルシーの設定など、SF要素も意外と興味深い。
世界観はまだまだ掘り下げられそうなだけに、続編が出そうな気配がないのが残念でならない。
ハヤカワさん、拾ってあげてください。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 著者名:た行
感想投稿日 : 2019年10月31日
読了日 : 2019年10月31日
本棚登録日 : 2019年10月31日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする