バカにならない読書術 (朝日新書 72)

3.13
  • (5)
  • (44)
  • (98)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 436
レビュー : 70
missing1973さん 売却済み   読み終わった 

本書は、読書術というタイトルですが、「はじめに」で「あまたある類書とはかなり違っています」と断っています。
実際、読んでみると「かなり違う」レベルではなく、読書術に分類すること自体無理があると思いました。
自分が分類すると、読書の仕方である「読書術」ではなく、読書の効用等を謳った「読書論」だと思います。

内容ですが、この本の前半は解剖学を専門とする養老孟司が
・読み聞かせの効用
・読書と前頭葉の発達
・読書救国論
について話しています。まさしく、「話している」という感じの口述筆記感あふれる文章で、話の論点はぼやけ気味。素直な感想として「よくわからない」内容でした。

後半は、養老孟司・池田清彦・吉岡忍の鼎談で、こちらは図書紹介でおもしろと思う本を紹介していて興味深い。

レビュー投稿日
2019年9月1日
読了日
2016年5月8日
本棚登録日
2016年3月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バカにならない読書術 (朝日新書 72)』のレビューをもっとみる

『バカにならない読書術 (朝日新書 72)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『バカにならない読書術 (朝日新書 72)』にmissing1973さんがつけたタグ

ツイートする